神奈川県のお葬式、葬儀、法事・法要 神奈川県JA葬祭事業運営協議会

受付24時間休日なし 0120-76-7618

神奈川県のお葬式、葬儀、法事・法要 神奈川県JA葬祭事業運営協議会

神式・キリスト教の場合概略

神式の場合概略

神式ではご逝去後、末期の水をとり、お清め、死化粧、死装束を施します。ご自宅では神棚封じをし、表には喪巾札を掲げます。
ご遺体を北枕に安置して、顔を白布で覆います。

「納棺の儀」
「柩前日供(キュウゼンニック)の儀」が続きます。

神式の「通夜祭」式次第は、
1. 手水(チョウズ)の儀

2. 斎主着席・喪主着席
3. 献饌(ケンセン)
4. 祭詞奏上
5. 玉串奉奠(ホウテン)
6. 斎主拝礼
7. 一同退出
となります。

次に「還霊祭(センレイサイ)を執り行います。「還霊祭」までの儀式は、霊魂が再び帰り来て蘇生することを祈り、「還霊祭」で故人の霊を「霊璽(レイジ)」(仏教の位牌に当たる)に遷し鎮めます。
式次第では、還霊祭詞奏上が最も重要です。

キリスト教の場合概略

カトリックでは、ご逝去の前に神父が「終油の秘蹟」(=「塗油式」。)を行います。この儀式は、罪の許しと祝福への願いに関わります。ご逝去後、胸の上に手を組み、そこに十字架とロザリオを置きます。その後、「納棺式」「前夜祭」などを行います。

お通夜に当たる儀式は、
1. 聖歌
2. 聖歌朗読と説教
3. お祈り
4. 焼香・献花

5. 祈願
6. (出棺)
7. 聖歌朗読
となります。

プロテスタントでは、ご逝去の前に牧師がパンと葡萄酒を信者に与える 「聖餐式(セイサンシキ)」を行います。この儀式は、キリスト信者であることの厳粛な祝福と関わります。ご逝去後、ご遺体の上に聖書を置きます。
その後、
「納棺式」
「前夜祭」
などを行います。

お通夜に当たる儀式は、
1. 賛美歌
2. 祈祷
3. 聖書朗読
4. 奨励
5. お祈り
6. 主の祈り
7. 祝福
となります。

お通夜・ご葬儀の儀式は、地域・宗旨宗派などにより異なります。
詳しくはお問合せ下さい。